クレアホームズ町田

デザイン|真南丘邸 町田を謳歌する高台の永住邸宅。「クレアホームズ町田」誕生

Land Plan

陽光に映え、街の緑と響き合う。
存在感ある美しき佇まい。

和の伝統が息づく、洗練された優美なフォルム。

大空に伸びやかなフォルムを描く、地上15階建て・全44邸の「クレアホームズ町田」。バルコニーには、スタイリッシュなグラデーションガラス手摺を採用。南からの光を受け、陰影が浮かび上がる表情豊かなファサードを構築しました。基壇部には、和のテイストがにじみ出る凹凸感のあるタイルを使用し、威厳と美しさを表現。

※当物件採用予定のマテリアルイメージ
エントランスホール完成予想CG

公から私へと、優雅に導くエントランスホール。

重厚感が漂うエントランスホールは、和建築に用いられる枠・文節・目透かしなどの工法を活かし、ブロンズ色の金物で空間構成。壁面には間接照明をふんだんに取り入れ、穏やかな光が、住まう方、訪れる方を迎い入れます。

四季を彩る植栽計画

  • シマトネリコ
  • イロハモミジ
  • サルスベリ
  • サツキツツジ
ゆとりの敷地から、
伸びやかな暮らしが始まります。

建物を高層化することにより、全邸を「南向き」とすることができ、敷地内に十分なゆとりを創出。広い空地を活かし、緑地帯を持った平置駐車場や各所に配した植栽スペース、自主管理公園などを設けることができ、ご家族が伸び伸びと暮らせる住環境が生まれました。

有限会社 湯本建築事務所

代表取締役 湯本 一二三

敷地配置イラスト
全邸に、長時間、
快適な日照をもたらす「南向き」の設計。

「南向き」の住まいは、他の方角に比べて日照時間を長く確保することができます。午前から午後にかけて、建物正面にたっぷりと陽光を招き、明るく快適な暮らしを演出するランドプランです。

角住戸率65%。2方から光が差し、
快い風が通る住まい。

角住戸は、開口部を豊富に設けることできるため、優れた採光性・通風性を実現。さらに隣戸と接する壁が少ないので、生活音の心配を軽減することができます。共用廊下を通る人の気配を感じることも少なく、プライバシー性の高い開放感のある暮らしが生まれます。

概念図

※掲載の完成予想CGは設計図を基に作成し形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。
※本物件は真南より敷地は西へ3度、建物は9.9度振れています。※掲載の敷地配置イラスト及び概念図は設計図を基に作成し形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。
※掲載の眺望写真は現地敷地内建物15階相当より撮影(平成29年4月)したものです。一部CG処理を施しています。 ※住戸の向き・階数により眺めは異なります。眺望は将来にわたって保証されるものではありません。また周辺建物の建築状況・季節・天候により変化します。